アロマセラピー(アロマテラピー)とは

ラベンダーエッセンシャルオイル

アロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のことです。
お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも、広義にアロマセラピーと呼ばれれています。

アロマセラピ(アロマテラピー)ーのしくみ

アロマセラピーの主役である精油が心身に働きかける経路は二つあります。ひとつは嗅覚刺激、もうひとつは皮膚や粘膜を通して血流に乗り体内に入る経路です。しかし精油は数十から数百の揮発性有機物の混合物であり、ひとつひとつの成分がどのように影響するのかを追跡するのは容易ではありません。

【精油の嗅覚刺激】
蒸散した精油の芳香成分は鼻で感知され、嗅覚刺激として大脳辺縁系に到達します。ここで重要なのは、嗅覚をつかさどる部位が、脳の中でも本能的な部分である旧皮質に存在することです。脳は嗅覚刺激を受け取ると無意識のうちに情動を引き起こし、視床下部に影響を与えます。視床下部は身体機能の調整を行う中枢であるため、匂いは本能的に身体諸器官の反応を引き起こす鍵となります。
精油の香りによって得られる安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などにともなう情動が、心身のバランスを促すことが期待されます。

【精油が血流に乗る経路】
芳香成分が血流にいたるまでには様々なルートが考えられます。吸収された成分は、最終的にはほとんどが肝臓や腎臓で代謝され、尿とともに排泄されます。
吸収ルートは大別すると次の4つです。
・ボディトリートメントなどによって、皮膚から真皮の毛細血管に至るルート。
・呼吸により、鼻から喉・気管支・肺にとどく間に粘膜に吸着し、粘膜下の血管に入るルート。
・呼吸により肺胞でのガス交換時に酸素とともに血流に乗るルート。
・経口で口から小腸に至る消化管から吸収されるルート(坐剤として肛門や膣の粘膜から吸収させる例もある)。
皮膚は多層構造になっており、皮膚に吸収された芳香物質の血管への到達は極めて緩慢です。呼吸器からの吸収はこれよりも早いが、空気中の芳香物質の濃度を考えれば吸収されるのは微量と思われます。皮膚や呼吸を通して吸収されるルートに比べ、消化管での吸収は非常に急激で多量です。消化管の粘膜に対する強い刺激が予想され、また異物である精油成分の血中濃度が急速に高まるため、代謝系に大きな負担がかかる恐れがあります。強酸である胃酸による成分の変性の可能性も捨てきれません。このため、精油の経口もしくは坐剤による使用は、十分に知識のある医師の判断のもとで行われるべきでしょう。

【精油の体内での作用】
精油の成分の構成や有効成分・毒性のレベルなどの解明は近年かなり進んできていますが、個々の成分が体内で何を引き起こしているのかについては、分子生物学レベルの研究が待たれるところです。ここでは、伝統的な植物療法から推測される精油の働きについてみてみます。
・生体組織への直接的な関与
例:ローマン・カモミールの(筋肉などの)鎮痙作用、ローズマリーの血行促進作用、ラベンダーの止血作用、など
・防御システムを助ける働き
例:ティートリーの抗菌作用、フランキンセンスの免疫強化作用、ユーカリの去痰作用、など
・代謝を助ける働き
例:ジュニパーの利尿作用、グレープフルーツのリンパ系刺激作用、など
・心身のバランスへの関与
クラリセージのエストロゲン様作用、ペパーミントの三半規管の調整作用、ネロリの抗不安作用、など

なおこれらの作用はそれぞれの精油の働きの一端に過ぎません。精油はそれぞれに様々な性格をもち、組み合わせることによりさらに多様な作用を見せる場合もあるからです。また、用法を誤ればかえって心身に害をもたらす場合もあるので注意が必要でしょう。

アロマセラピーのある生活

あなたは、疲労やストレスを感じて生活していませんか?
日々進化し続ける情報化社会の中で、人間関係のぎこちなさやにストレスを感じたり仕事は肉体労働から、オフィスでのデスクワーク中心に変わりパソコンでの無言の作業が続いたり、食事なども欧米化が進み、必要以上のカロリーを摂取しつつも万年、運動不足という悪循環に陥ってしまいやすい毎日。
誰もが健康に何らかの危機を感じている人が多い今、どれだけ健康に過ごすか、いかに楽しく過ごすかということに人々の関心が集まってきています。
数多くある健康法の中で、体に負担の少ない自然療法で、特に女性に指示されているのがアロマセラピーです。
植物の香りが心身にもたらす恵みを感じ目には見えないその成分に心ををほぐされてゆったりと癒される心地よさ。
太古の昔から人とともにあり、進化をしてきたアロマセラピー、忙しい毎日だからこそ、注目される療法なのです。

アロマセラピーと暮らし

例えばちょっと疲れたときに、大好きな花を1輪だけ頂いたとします。
それだけで、心は明るくなり、その香りを嗅いだだけで救われるような、前向きな気持ちになること、ありませんか?
そうして、そのお花をお部屋に飾ったり、オフィスの花瓶に挿すだけで心癒されて、また頑張ろうという気持ちが沸いてきます。
これこそ、心の改善ですよね。
アロマセラピーをという言葉だけだと難しく感じますが、今ある生活に、自分の好きな香りを漂せるというスパイスをちょっぴりプラスするということです。
道具も特別なものは必要ありません。最近では近くのちょっと大きめのショッピングセンターに行けばほんの数センチの精油の入った小瓶と、色々な種類のアロマランプも可愛らしく並べられています。
好きな香りと好きなランプを部屋に飾ることこれだけでも、疲れを癒して快適な空間を作る楽しみといえますね。

スポンサードリンク

香りが心を癒すしくみ

漠然と香りが心に作用しているということは経験から解るのですが、香りや、香りに含まれた成分が、どこから入ってどう作用していくかということは、これだけ医学が進んでいる今でも、ハッキリと解明されているわけではありません。
現在解っていることは、精油が心身に働きかける経路は大きく分けて4つのあると言われています。
1・鼻(嗅覚)を通して、嗅細胞から大脳へ伝わる。
2・呼吸(吸入)によって肺に送られ、血液に入る。
3・皮膚を通して体内に浸透し、血管に入る。
4・経口内服によって消火器から吸収する。

このように体内に入った成分は、血液に乗って体に作用したり脳への伝達により、生理機能をコントロールすると言われています。
4つの経路があるということは覚えておかなければなりませんが精油を内服することは、やめておきましょう。
フランスでは医師の指導の下、内服する治療法もありますが、素人が自己判断で飲むと、大きな危険を伴う場合がありますので精油を口にすることは止めてくださいね。